スポンサーリンク

【春爛漫】徳島・勝浦桜まつりで桜の美しさに癒される!2分・3分の桜と夜桜を楽しむ

徳島の夜景
この記事は約8分で読めます。

はじめに

勝浦桜まつりの概要

歴史: 勝浦町生名(いくな)地区で、2003年から始まる

2018年4月には台湾から2500名の観光客の受入れ

特徴「生名ロマン街道」と呼ばれる、およそ2kmに及ぶ桜並木

人気の理由運営や桜の維持は地元有志により行われていて『アットホーム』なところ

開催時期と場所

開催期間2024年3月25日(土)〜4月10日(水)
開催期間中夜桜のライトアップを実施(18時〜21時ごろ)
場所道の駅『ひなの里かつうら』の後ろ

アクセス方法

  • 徳島駅よりバス(勝浦線)で50分(人形文化交流館前下車)
  • 徳島市→車で約40分

見どころ

約3万本の桜並木

種類ソメイヨシノ・枝垂れ桜

見頃の時期3月下旬から4月上旬

2024年の場合は自分が行った日が3月31日(日)だったのですが、2分、3分咲きくらいでした。

今年は四国の桜は開花が例年より4、5日遅いです。

それで4月7日まで開催延長とのことです。

勝浦町その他の桜スポット

勝浦町にはそのほかにもたくさん桜のスポットがあります。
詳しくは次のホームページを参考にしてください。

船に乗って桜のトンネルを楽しむ 勝浦町のさくら祭り - 勝浦町観光情報サイト 阿波かつうら
勝浦町と桜 勝浦町の春と言えば、阿波勝浦〈元祖〉ビッグひな祭りをはじめとする「ひな祭り」ですが、もう一つ春の風

夜桜ライトアップ

開催時間: 開催期間中:夜桜のライトアップを実施(18時〜21時ごろ)

ライトアップされた桜の見どころ: 生名谷川沿いの桜並木とぼんぼりの灯り、川底から桜を眺められる風景

イベント情報

イベントとは『ステージ』のイベントと『ステージ周辺』のイベントに分かれますが、自分がいいなと思ったのは次のイベントです。

1️⃣トロッコ列車

【徳島】勝浦桜まつり トロッコ列車

『機関車トーマス』のトロッコ列車、『一期一会 出逢う絆心から大切』と書いてありますが、旅に出ると、本当に『一期一会』の温かみが分かります。
『旅の恥はかき捨て』にだけはならないように気をつけたいものです。

【徳島】勝浦桜まつり トロッコ列車

このトロッコ列車、家族連れが結構乗ってました。さすがに、おじさん一人では乗るのはためらいました。😆
2️⃣ 人力車

【徳島】勝浦桜まつり 人力車

『人力車』この人力車は手作りです。メンテナンスも年に何回かはするそうです。
そして、人力車に乗った人にだけコーヒーのサービスがあります。
人力車に乗ってお花見できるなんて、これぞ『純和風』!来てよかったです。
3️⃣舟下り

【徳島】勝浦桜まつり

お目当ての『舟下り』来る前にチェックしてたら、舟下りの様子をいろいろ見たのでどうしても乗りたいなと思って来たところもあります。
船頭さんの小話も聞けます。
『枝垂れ桜は散り始めだからピンクが濃いい』と言うことと『桜の花が落ちているのは雀の仕業』と言う話が記憶に残りました。
舟下りは本当に気持ちいいですよ。
4️⃣イベント

【徳島】勝浦桜まつり イベント

そして、ステージのイベント『阿波踊り』、さすが徳島だけのことはあります。
踊りを披露してくれたのは『やっこ連』の方々でした。

【徳島】勝浦桜まつり イベント

最後に皆さんも一緒に踊りましょうと言うことで、教えていただきました。
『えらやっちゃ、えらやっちゃ』の気分を味わいました。

 体験談

実際に訪れた時の様子

昼のようす

【徳島】勝浦桜まつり 

『勝浦桜まつり』に来て、最初「案内マップ」をもらおうと「案内所」に行ったら、
そこの方が小声で『桜🌸咲いてないよ!行ったらわかるから』と親切に教えていただきました。

【徳島】勝浦桜まつり

会場の方へ行ったみると、ソメイヨシノは2、3分咲きくらいでほとんど咲いてなかったです。
あと4、5日遅かったらきっと満開だっただろうと思います。

【徳島】勝浦桜まつり

「トロッコ列車」のところから「生名バイパス」まで、まずはどこかに桜が咲いてないかと思い歩いてみましたが、
結局、綺麗に咲いてるのはこの枝垂れ桜だけでした。

【徳島】勝浦桜まつり

と言うことで、私なりにもし桜が咲いていたらと言うイメージで、どこから撮影したら綺麗だろうかと歩きながら考えました。
「川底から両側の桜』は、結構使われる構図ですが、四国では桜の名所はそのほとんどが公園なので、この構図で撮影できる場所は限られるので、貴重な風景です。

【徳島】勝浦桜まつり 
近くに川がないと撮影できないだけに貴重です。

【徳島】勝浦桜まつり

この構図もなかなか出会えないかな?
何より、何とかソメイヨシノが咲いてくれてるのが嬉しかっです。

【徳島】勝浦桜まつり

ご覧のとうり、ソメイヨシノは本当に2、3分咲きばかりです。

【徳島】勝浦桜まつり

 

【徳島】勝浦桜まつり

たまたま一輪の桜が綺麗に咲いてたのでアップで撮影してみました。

【徳島】勝浦桜まつり 

 
夜:ライトアップのようす

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

ライトアップされた、枝垂れ桜は綺麗でした。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

川底から撮影しましたが、桜が満開なら幻想的な写真が撮影できますよ!

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

橋の上から撮影しましたが、川のリフレクションがやっぱり綺麗です。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

ぼんぼりが点灯したら、これもまた桜が満開なら幻想的な風景を見せてくれると思います。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

ライトアップされても桜が咲いてるところが少ないな、と思ってうろうろしました。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

そそたら、緑の葉っぱの中に白い花を見つけました。なんか珍しくて撮影してみました。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

それで、諦めて帰ろうかと思いながら帰り道を歩いていると、ふと枝垂れ桜のところを思い出して、橋を渡って反対側から見てみようと思って行ってみることにしました。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

桜が咲いていると綺麗です。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

桜と舟とハートマーク、ハートマークには驚きました。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

これ絶対、夜の撮影ポイント狙ってますよ。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

枝垂れ桜の間から舟を撮影してみました。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

この日のライトアップの中で1番撮影に、夢中になった風景です

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

ソメイヨシノと枝垂れ桜のライトアップ、ありがたい風景です。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

橋の上から、反対方向を撮影してみました。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

夜は、カップルが、1組.2組が入れ替わり来てました。後、4人連れの方も1組来てて記念撮影してました。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

次来るときは、必ず開花状況確認してこようと思いながら『勝浦さくら祭り』を後にしました。

おすすめポイント

特に印象に残った風景:

【徳島】勝浦桜まつり

カメラマン
カメラマン

特に印象に残った風景は、川底から桜を見上げて撮った風景です。

 

満開なら桜と川のリフレクションが綺麗だと思いました。

 

これは、昼でもライトアップされても印象に残ります。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

カメラマン
カメラマン

橋の上から撮影した「桜とリフレクション」。

こんな感じの『桜とリフレクション』の風景にはなかなか出会わないと思って選びました。

【徳島】勝浦桜まつり 夜桜

カメラマン
カメラマン

そして、この写真はこの日唯一咲いてくれてて、

 

ありがたかったソメイヨシノと川下りの舟の風景です。どこか風情のある雰囲気が印象に残りました。

おすすめの過ごし方:

『舟下り』『トロッコ列車』『人力車』以外にも『あめご釣り堀』『宝さがし』『たこあげ』などのイベントもあれば『キッチンカー』も多数出店しています。

『舟下り』『人力車』は大人が『トロッコ列車』『あめご釣り堀』『宝さがし』『たこあげ』は子供が楽しんでお腹がすいたらキッチンカーで買って食べるのもいいし、『道の駅』で食べるのもいいです。

ステージでは『生ライブ』『フラダンス』『歌謡ショー』『阿波踊りとワンポイントレッスン』などがあり乗り物に乗った後は、ステージのイベントで楽しめます。

夕方からは『ライトアップ』と朝から晩まで、カップルで来ても家族連れできても友達同士できても一日中楽しめる『桜まつり』です。

写真撮影のポイント:

とにかく人が多いので、カメラなら三脚はなかなか立てられないので、手持ちで撮影できる準備が必要です。

注意点

交通渋滞:

自分が行ったときは、手前1kmくらいから渋滞で、最初は事故かなんかかなと思いましたが、途中で『桜まつり』で渋滞してると確信しました。

特に『道の駅ひなの里かつうら』手前では駐車場の出入りのため『止まってチョッと動く、止まってチョッと動く』の繰り返しでした。

行くとしたら、平日なら混雑も少ないと思います。

駐車場:

とにかく満車で空いたら順番に警備の人が場所を知らせてくれるという感じです。

混雑による待ち時間:

自分が行ったときは、駐車場に停めるのに大変でしたが、車🚗を停めてしまえば、乗り物系にしろキッチンカーにしろ、混雑で待つということはなかったです。

舟下りも自分の中ではかなり待つかな?と思ったましたけど、スムーズに乗れました。

 まとめ

勝浦桜まつりの魅力:

徳島県勝浦桜まつりは、生名谷川沿いに咲き誇る約3万本の桜が織りなす圧巻の絶景が魅力です。各種イベントがあるので楽しくお花見ができます。

ライトアップされた幻想的な夜桜を眺めたり、五感で春の訪れを満喫することができます。

また、勝浦町には新鮮な海鮮料理や温泉など、桜以外にも楽しめる観光スポットが充実しています。家族や友人、カップルなど、どなたでも楽しめるイベントと言えるでしょう。

今回初めて訪れましたが、昼は家族連れが多く、夜はカップルが多いイメージを持ちました。

そんな中で写真好きな人には、いろんな風景を見せてくれるのですごく楽しめる場所だと思いました。

再訪の意欲:

私は今回初めて勝浦桜まつりに行きましたが、とにかく桜が咲いてなく、咲いてるのが『枝垂れ桜』だけだったので、桜に関しては、😞がっかりですが、

満開の時に来たらどんなに綺麗なんだろうと容易に想像がつくくらいの風景が待っていました。

もちろん各種イベントも楽しかったので、次回行く時はなんとか桜が満開の時に行けるように、桜の開花状況をチエックしてから行きたいと思います。

読者へのメッセージ:

徳島県勝浦桜まつりは、徳島では有名な桜の名所です。桜の写真撮影したい方には、桜🌸並木だけでなく、川と桜のコラボレーションが撮影できます。ライトアップされているので昼にしても夜にしてもきっと良い写真が撮れると期待できる場所です。

春の訪れを感じたい方、徳島県に旅行に行きたい方におすすめです。ぜひ一度、勝浦桜まつりに足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと、忘れられない思い出になると思います。

 参考ホームページ

勝浦桜まつり公式ホームページ

さくら祭り2024 - 勝浦町観光情報サイト 阿波かつうら
概要 今年もビッグイベント「勝浦さくら祭り」の季節がやってきました。 生名谷川沿いにずらりと並ぶ桜並木は毎年楽

徳島県観光情報サイト 阿波ナビ

勝浦さくら祭り
徳島県全域の観光、イベント、宿泊情報の紹介。自然、歴史、グルメ、レジャーなど旅行に役立つ情報が満載!
スポンサーリンク
徳島の夜景
スポンサーリンク
アーカイブ
kimuranをフォローしていただけると幸いです
タイトルとURLをコピーしました