スポンサーリンク

光と闇のコントラスト:人出と静寂が交錯する【大谷川ほたる祭り】の夜

徳島の夜景
この記事は約6分で読めます。

【徳島】大谷川ほたる祭り

清流で知られる鳴門市の大谷川周辺では、5月下旬から6月上旬にかけて鳴門市指定天然記念物のゲンジホタルが鑑賞できます。ホタル祭り本部(御嶽神社)周辺では地元有志による模擬店の出店(軽食等)もあります。

模擬店に関しては、自分が行った時は人があまりにも多くて食べることも見ることもできそうもなかったのであきらめました。

日程:2023年5月28日(日)

ホタル観賞のマナー
☆光を出さない (翌年以降のホタルの生息と他の人の迷惑にならないように)
☆虫よけスプレーを使わない(ホタルも虫ですから)
☆不用意に茂みに入らない(光っていないホタルが居るかもしれないから)
☆ホタルを捕まえて持ち帰らない (ホタルの生息のため)

スポンサーリンク

大谷川ほたる祭りについて

雰囲気・穴場度

「ほたる祭り」当日という事もあり、人が多いだろうなと思ってました。

目的地がもう少しと言うところまで行った時に、駐車場の案内の人から誘導されて、少し手前の駐車場に車を停めることになりました。結構狭い感じの駐車場でした。

そして目的地について思った事は、「人が多い」空きスペースがないので「三脚立てれない」の2つでした。

とにかく、予想以上に人が多いとしか言いようがない光景でした。
次回来ることがあれば、絶対に「ほたる祭り」の日は避けたいと思いました。

自分が行く時に分かりやすかったマップがこちら

大谷川ホタル祭り | 徳島県観光情報サイト阿波ナビー徳島県観光情報サイト阿波ナビよりー

魅力・見どころ

【徳島】大谷川ほたる祭り

駐車場から歩いて、10分くらいでこの看板のある所に到着しました。

【徳島】大谷川ほたる祭り

こんな感じの道を歩いてきました。

【徳島】大谷川ほたる祭り

大谷川のゲンジボタルは鳴門市の天然記念物だったんですね。知らなかったです。

【徳島】大谷川ほたる祭り

そして、親切にこんな「この付近ホタル観察ポイントです」の看板もありました。

【徳島】大谷川ほたる祭り

いよいよ「ホタル観察道」を行くのですが、「マムシに注意」が気になりました。
しかし、それ以上に人が多いこと多いこと、川沿いにズ~と人が並んでて
三脚立てれそうな場所がなかったです。
そして「御嶽神社」の模擬店の所まで行きましたが、なんとここも人が一杯で
自分の中では「何か食べて帰ろう」と思っていたのに諦めました。残念です。
そして、このままでは帰れないと思い、上記の案内図の上流の方へ行ってみることにしました。

【徳島】大谷川ほたる祭り

そして、何とかホタルが飛んでいるところを見つけたので撮影してみました。

【徳島】大谷川ほたる祭り

ここは、路側帯もなく路肩に三脚立てて撮影しました。
正直、車が多いと困ってしまうような道幅でしたが、そこは夜という事もありそんなに車が通らなかったので助かりました。

【徳島】大谷川ほたる祭り

そしてホタルはと言うと、10匹くらいが飛んでる感じでした。
もう少し上まで行っては見ましたが、街灯があって撮影には向いてなかったです。

【徳島】大谷川ほたる祭り

今回は、徳島まで行ってあまりの人の多さで、ゆっくり「ほたる観賞」とか「ほたる撮影」と言う訳には行かなかったのが残念です。
それと、きっと「大谷川ほたる祭り」に限らず「ほたる祭り」の日はどこも同じように人が多いんだろうと、「ほたる観賞」の経験が一つ増えたと思うことにして帰りました。

こんな人におすすめ

キムラン
キムラン

自然愛好家
自然を愛し、植物や生き物の生態に興味のある方はゲンジボタルの生態をじっくり観察し、自然の美しさに感動することでしょう。

キムラン
キムラン

写真家
写真撮影が趣味で美しい風景や自然の瞬間を切り取りたい方。ゲンジボタルの光景を収めることで、素晴らしい写真を共有しあえるでしょう。

キムラン
キムラン

学生の方
環境保護や地域文化に興味のある学生さん。ほたる観賞を通じて、自然の大切さや地域の魅力を学べるでしょう。

キムラン
キムラン

ファミリー
子供ずれのご家族。子供たちはホタルを楽しむだけでなく、地元の文化や食事を通して学び、家族で楽しい時間を共有することができるでしょう。

キムラン
キムラン

地元の料理愛好家
地元の食材や伝統料理を楽しむことが好きな方。ホタル観賞とともに地元の軽食やグルメを堪能し、地域の食文化に触れることができるでしょう。

大谷川ほたる祭りのまとめ

大谷川ほたる祭りは、徳島県鳴門市で毎年5月下旬から6月上旬に開催される特別なイベントです。この祭りは、大谷川周辺の美しい清流と自然環境が舞台となり、幻想的な光景を楽しむことができる貴重な機会となっています。

地域の自然愛好家や写真愛好家、そして家族連れや観光客たちが集い、ゲンジホタルの輝きを楽しむために訪れます。大谷川のほとりでは、鳴門市指定天然記念物となっているゲンジホタルたちが美しい光を放ち、夕闇から夜の幕が降りる時間帯に幻想的な光景を演出します。

ほたる祭りの本部となる御嶽神社周辺では、地元有志による模擬店が出店し、軽食や地元のグルメを味わうことができます。地域の文化や伝統に触れながら、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

宇宙のような星空の下で、大自然の中で繰り広げられる大谷川ほたる祭りは、一年を通して自然の美しさや多様性を感じることができる日本の夏の風物詩の一つです。訪れる人々は、ほたるの幻想的な輝きと地域の魅力に魅了され、大谷川ほたる祭りの特別な思い出を心に刻むことでしょう。

四国ほたる観賞の目安
観賞可能時期  
ゲンジボタル 5月下旬~7月上旬
ヘイケボタル 6月上旬~8月上旬
ヒメボタル 5月末~6月上旬
   
見られる時間帯  
1回目 19~21時
2回目 23時~24時
3回目 2時前後
   
※最も良くみられるのが20~21時  
   
条件  
月明かりが無く晴天  
雨上がりなどで湿度が高い  
風邪が吹いてない  
生暖かい(20℃程)  
   
ホタル観賞時のマナー  
虫よけスプレーを使わない  
ホタルを捕まえない  
フラッシュを使わない  
カメラのランプNG  
液晶モニターNG  
他人の敷地に入らない  
生息地を荒らさない  
   

※ホタル観賞場所・時期・時間等については、「ご自分の地域名+ホタル」で検索してご確認ください。

大谷川ほたる祭りの情報

住所

徳島県鳴門市大麻町大谷(御嶽神社付近)

電話番号

088-689-0204 (大麻町商工会)

営業時間・休日

2023年5月27日(土)・28日(日)19:00~21:00

入場料

無料

駐車場・駐車料金

有り・無料

トイレ・休憩所

有り

参考ホームページ
大谷川ホタル祭り
徳島県全域の観光、イベント、宿泊情報の紹介。自然、歴史、グルメ、レジャーなど旅行に役立つ情報が満載!
展望地までの距離は?

自分停めたところからは7.8分でほたる観賞ポイント

初心者ドライバーでも大丈夫?(主要道路の交通量)

初心者ドライバーでも大丈夫ですが、案内される駐車スペースは狭かったので運転になれている方が良いです。

バリアフリー情報

ほぼバリアフリーで行けますが、人が多いと通れないのでほたる祭りの日は外した方が良いと思います。

外国人への対応の可否

無し

大谷川ほたる祭りアクセス方法・行き方

松山自動車道を松山から高松方面に向かって進む。

川之江JCTで、左車線を使用して徳島道/高知/徳島方面の高知道の標識に従う

四国横断自動車道/高知自動車道/高知道を進む

右車線を使用して徳島自動車道を進む。

藍住IC出口を藍住方面に向かって進む。

左折してあいあいロード/県道1号に入る。

引田/四国八十八ヶ所/霊山寺/極楽寺/金泉寺/大日寺/地蔵寺方面の徳島県道1号出口を出る。

あいあいロード/県道1号を進む。

右折して県道12号に入る(鳴門/四国八十八ヶ所/霊山寺/極楽寺の表示)
セブンイレブン板野インター店目印)

左折して県道228号に入る。
ローソン鳴門大谷店目印)

徳島の夜景
スポンサーリンク
アーカイブ
kimuranをフォローしていただけると幸いです
タイトルとURLをコピーしました