スポンサーリンク

2024年、雨滝音田の棚田で出会ったはかない光:例年より少なかった蛍の数は、感動をより深くする?

【愛媛】東温市雨滝ホタルの里2024 愛媛の夜景
【愛媛】東温市雨滝ホタルの里2024
この記事は約5分で読めます。
 はかない蛍の光!東温市「雨滝音田の棚田」で手作りのホタルの里を体験

5月29日(水)

日本の夏を象徴する美しい昆虫、蛍。幻想的な光を放ちながら飛び交う姿は、見る者を魅了します。

今回は、愛媛県東温市にある「雨滝音田の棚田」で体験した、手作りのホタルの里での蛍鑑賞についてご紹介します。
(棚田を抜けたところを流れている表川で蛍鑑賞ができます。)

2024年、雨滝音田の棚田で蛍を鑑賞しました。例年より少なかったと思うのですが、それでも感動的な体験でした。皆さんも興味がありますか?

スポンサーリンク

 雨滝音田の棚田とホタル鑑賞

雨滝音田の棚田とは?

雨滝音田の棚田は、「つなぐ棚田遺産」にも選ばれている、美しい棚田と蛍の生息地として知られる東温市の観光スポットです。

例年5月中旬から6月中旬にかけて、幻想的な光を放つ蛍が飛び交い、訪れる人々を魅了しています。

ホタル鑑賞期間
  • 期間:5月中旬~6月中旬
  • 時間帯:20時~21時頃がピーク
アクセス

  • 電車:JR松山駅から伊予鉄バス河之内線に乗車し、「河之内」バス停下車。徒歩約15分
  • 車:松山自動車道松山東ICから約30分
駐車場
  • 駐車場なし  
注意事項
  • ゴミは持ち帰り
  • 懐中電灯・スマホの光は最小限度に
  • 静かに鑑賞
周辺施設
  • 食事処:クロモリ
  • 観光スポット: 白猪(しらい)の滝、惣河内(そうこうち)神社

蛍鑑賞体験記

2024年は例年より少なかった蛍の数は、感動をより深くする?

【愛媛】東温市雨滝ホタルの里2024

車を停めて『ほたるの河原』の方へ歩いて行く途中で、田植えを終えた水田のリフレクションが綺麗だな!と思いました。

【愛媛】東温市雨滝ホタルの里2024

『雨滝ホタルの里周辺マップ』を見て、『ほたるの河原』の方へ歩いていきます。

【愛媛】東温市雨滝ホタルの里2024

今年で、3、4回『雨滝ホタルの里』に来ていますが、水田のリフレクションがこんなに綺麗と思ったことはなかったです。

【愛媛】東温市雨滝ホタルの里2024

『ほたるの河原』まで来ました。なんと今年は2、3回きた中では、この滝のところは蛍は少なかったです。

【愛媛】東温市雨滝ホタルの里2024

そして、あたりを見ていると川下の方が蛍が多そうだったので場所を移動しました。

【愛媛】東温市雨滝ホタルの里2024

最初は、全く飛んでいなかったのに、暗くなるにつれて、ぽつりぽつりと光だし、飛び始めてくれました。

【愛媛】東温市雨滝ホタルの里2024

あきらめかけてた蛍鑑賞が一転して、幻想的な風景に変わりました。これは素直に嬉しかったです。

【愛媛】東温市雨滝ホタルの里2024

これは後から『比較明合成』をしたのですが、こんなふうに撮影するのも楽しくなります。

【愛媛】東温市雨滝ホタルの里2024

もしかしたら、『星とほたる』の構図にならないかと思いましたが、空が明るくて残念な結果になってしましました。

蛍は、子孫を残すために結婚けっこん相手を見つけないといけない。ホタルの成虫は、

天敵てんてきにねらわれないよう夜に活動するんだけど、暗い中で相手に気づいてもらうために光るとのことなので『求愛行動』です。

成虫になってから2週間ぐらいで死んでしまう、ほたるの寿命を思うと本当にはかない光です。

だから、ほたるの光が余計に幻想的に見えるのでしょう。

手作りのホタルの里

地域住民とホタル愛好家が作り上げる、心温まる空間

雨滝音田の棚田のホタル鑑賞は、イベントとして実施されているわけではありません。

しかし、地元農家や住民、そしてホタル愛好家の方々が集まり、「ホタル観賞期間」として、ホタル生息地の表川までの農道などを解放し、ホタル観賞を楽しめる環境を手作業で作り上げています。

草刈りや農道へのソーラーライト設置など、訪れる人々が安全に、そして快適にホタル鑑賞を楽しめるように、心を込めて整備されています。

【愛媛】東温市雨滝ホタルの里2024

まとめ

ホタル鑑賞は難しい:手作りのホタルの里でまたひとつほたるの知識が増えました。

雨滝音田の棚田のホタル鑑賞は、地域住民とホタル愛好家の方々の温かい気持ちが込められた、手作りのホタルの里です。

ここ数年ほたる鑑賞に来てますが、今年はようすが少し違っていて、難しい蛍鑑賞になりました。

しかし、学んだこともあります。

1️⃣ほたるも生き物なので毎年毎年同じように同じくらい飛んでくれるとは限らない

2️⃣春先の水温が高いとほたるは早く飛び始める

2024年は春先の温度が少し高かったみたいで、5日から1週間くらい蛍が早く飛び始めている

3️⃣いくら湿度があるとはいえ、雨降り後は蛍は少ないので、雨が降る前にホタル鑑賞にはいく

4️⃣平地より高いところの方が蛍が飛ぶのが遅い

以上の点に気をつけて次から蛍鑑賞しようと思います。もちろん地域によって違いがあると思いますので、その辺りはご自分の地域の蛍スポット情報や飛散状況等で確認をお願いします。
私の体験が読者の皆様のホタル鑑賞の参考にれば幸いです。☺️

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️関連記事⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

【2023年】ホタル鑑賞体験記 

雨滝ホタルの里ホタル観賞:愛媛の美しい夜を楽しむ特別な体験

【2022年】ホタル鑑賞体験記 

【愛媛】東温市「雨滝ほたるの里」の蛍は何度きても素晴らしい!-2022-

スポンサーリンク
愛媛の夜景
スポンサーリンク
アーカイブ
kimuranをフォローしていただけると幸いです
タイトルとURLをコピーしました